どうやって保湿をするか?とスキンケアの方法を見直す

どうやって保湿をするか?とスキンケアの方法を見直す

スキンケアで一番重要だと思っているのは保湿です。以前、東京に住んでいる時は保湿の大切さをいまいち理解していなかったのですが、奄美地方に引っ越してきて保湿の大切さを身にしみて日々実感しています。夏場は特に紫外線が強く、外に出る時はいつも長袖を着用し、帽子やストールも欠かせません。家の中にいても容赦なく紫外線は家の中に入ってきます。朝、保湿用の化粧水をいっぱい顔に吸い込ませても、昼頃には干上がってきます。お昼にもう一度洗顔をして、保湿をしたいのですが、外出していてできない時などは、顔が干からびてくるのを実感します。化粧をしていてもパサパサです。いろいろと試して手入れを続けていたのですが奄美地方に引越してきてから、半年程で顔にシミ、ソバカスが増え、気づいた時には手に負えない状態になっていました。

シミ、ソバカスだらけの顔を見ながら、どうにかしなくてはいけないと考え込む日々が続きました。しかし、シミ、ソバカスを消すと宣伝している高価な基礎化粧品には手が届きません。そこで「何でスキンケアをする」ではなく、「どうやってスキンケアをする」を考え直す事にしました。まず、自分が間違って事の1つは、洗顔のしすぎで顔に必要な脂質まで落としてしまっていた事でした。洗顔料を使い何度も何度も洗顔をすると、必要な脂質も落としてしまいかえって乾燥を引き起こしてしまうという事でした。もう1つはアルコール分が入っている化粧品を使うと化粧水が蒸発する時に一緒に水分も蒸発してかえって過乾燥を引き起こすというものでした。そして、化粧水で保湿をする時も「しみこんでいけ〜。しみこんでいけ〜」と唱えながらゆっくりと使う事により、より肌の奥まで化粧水が入っていくそうです。

紫外線が強い地域に引っ越して、最初の半年は環境の違いからあっという間に肌にダメージを受けてしまいましたが、スキンケアを徹底して化粧もする回数を少なくして、なるべく肌に負担を生活を送るようにこころがけています。

最近の急上昇ワードスキンケアは、このサイトを一度覗いて下さい。

Copyright (C)2018どうやって保湿をするか?とスキンケアの方法を見直す.All rights reserved.