どうやって保湿をするか?とスキンケアの方法を見直す

十分な保湿で潤い素肌になれるスキンケア

冬場になると気になるお肌の乾燥。手足がガザガザ、お肌の化粧ノリもイマイチ・・という人は、保湿ケア不足かもしれません。屋外での紫外線、乾燥した空気、室内での冷房、暖房など、私たちの肌は想像以上に過酷な環境に置かれています。お肌の乾燥は加齢を進行させます。シミ、しわ、くすみ、キメの粗さなど、気になるトラブルは、乾燥から来ています。もちろん、加齢と共に肌が衰えていくことは当たり前のことです。しかし、正しいスキンケアを行い、保湿を十分に行えば、ある程度は予防はできます。美しく年を重ねるためにも、保湿は大切なのです。

洗顔後、たっぷりの化粧水をお肌に浸透させた後、保湿クリーム等を塗ります。私たちの肌の表面には、角質層という水分を保ってくれる層があります。この角質層にただ化粧水を与えただけでは、すぐに水分は蒸発し、乾燥してしまします。保湿クリームはお肌の表面にバリアを張り、水分を閉じ込める働きをします。水分と油分をバランスよく与えると、潤いと弾力のあるみずみずしい素肌になれます。保湿パックやマスクもお勧めです。そういったパックは一枚で化粧水から美容液までの機能を揃えているものが多いので、洗顔後の清潔なお肌に使うようにします。よりお肌のプリプリ感を実感できます。ただ、マスクなどは高額なので毎日使うことはできません。週一回だけ使用し、普段のスキンケアはマスクに頼らず、しっかり保湿系のクリームでケアしてください。

最近の急上昇ワードスキンケアは、このサイトを一度覗いて下さい。

Copyright (C)2017どうやって保湿をするか?とスキンケアの方法を見直す.All rights reserved.